浦和民主診療所
文字の大きさ 小 大
サイト内検索
ホーム 外来診療案内 もの忘れ外来

もの忘れ外来

カット

超高齢化社会へ加速している中、認知症予備軍の患者さん含め、462万人という報道がされています。
70歳~74歳まで3.6%、75歳~79歳まで7.1%、80歳~84歳まで14.6%、85歳以上は27.3%の方が認知症を発症するといわれています。

認知症の新しい取り組みについて

DT-NAVI
DT-NAVI

浦和民主診療所は、認知症ケアにも力を入れて取り組んでいます。
超高齢化社会の日本では、現在200万人の方が認知症といわれており、その数はますます増える事が予想されます。

さて、浦和民主診療所では認知症患者様へのケアの一環として認知症検査サポート機器『DT-NAVI』を2014年に導入しました。
これは認知症検査のひとつADAS-Jcog検査を医師ではなく看護師などが出来るように開発された機械です。

また『DT-NAVI』は認知機能の経過を追うこともでき、将来の認知機能低下の予測曲線や服薬することでどの程度認知機能の低下を防げるかシミュレートすることができます。

シミュレート
クリックで拡大します

認知症検査としては長谷川式検査がありますが、『DT-NAVI』ではより国際的な評価方法であるADAS-jcogを行うことができます。

予約・診療日

カット

完全予約制です。
事前に電話予約をしてください。(予約を取らずにご来院されても診察・検査はできません)

診療日

第1・第3木曜日    午後
  担当医:肥田 明日香 医師



浦和民主診療所は「脳いきいき体操」や「認知症サポーター養成講座」等認知症への理解促進と予防活動も行っています。専門医を迎え、「早期発見」「早期治療」を地域に発信していきたいと思います。
認知症へのサポートをすることで本人が自分らしく生きるための手助けが出来ればと思っております。
カット
まずは気軽にお電話を!