浦和民主診療所
文字の大きさ 小 大
サイト内検索
ホーム 外来診療案内 検査案内

検査案内

当診療所では以下の検査が実施できます。

  • 血液検査、尿検査
  • X線撮影、骨密度
  • 超音波検査(胸腹部、頚部)、ドップラーエコー(心臓部)
  • 心電図、脈派図、眼底、胃・大腸バリウム検査
  • 経鼻内視鏡検査

X線CT検査とMRI検査をもっと身近に

X線CTとMRIの違い

実を言うと両者ともCTということは一緒なんです。CTとはコンピュータ断層撮影法のことで、両者ともコンピュータで処理されて体を輪切りにした画像になるのです。

得意分野は?・・・

X線CTは肺の診断では取って代わる検査はないほど優れています。そのため、胸部レントゲン検査で疑わしいものがある時は、X線CT検査を勧められます。これは早期の肺ガンを見つけるには最も優れているためで、最近は肺ドックも行われています。
腹部疾患を評価する検査としては、一回の検査で腹部全域を評価できて、検査時間も短いため最適です。ただし、膵臓や胆嚢などの小さな臓器を局所的に診断する場合は、超音波(エコー)検査が行われます。頭部では出血の有無に関してはCT、梗塞に関してはMRI検査が優れています。

最近では整形外科領域の骨折などの評価としてX線CT検査が増えてきています。レントゲン撮影が一般的ですが、X線CTでは3D画像を作ることができるため、レントゲン写真を見慣れていない患者様へ説明する場合わかりやすく、説得力が生まれます。  さらに非イオン性ヨード造影剤を使用することで多くの病気を診断することができますが、造影剤には副作用があり、造影剤の使用できない方もいます。

MRI検査では脳梗塞や脳動脈瘤の発見に優れており、X線CT検査では診断が困難な小さな梗塞や早期の梗塞も診断することが可能です。また血液の流れを利用して、造影剤を使用しないで頭部の血管だけを画像化することができ、小さな脳動脈瘤などを発見することができるので、頭部疾患を早期に発見するには、脳ドックがお勧めです。

さらに、MRI検査は整形外科領域の診断に優れ、椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症や半月板断裂などの診断、軟部組織の診断に優れているため、婦人科疾患の子宮筋腫や卵巣腫瘍などの診断に用いられます。
MRI検査でも造影剤を使用しますが、X線CT用造影剤とは違い、鉄やガドリニウムといった金属を使用しますので、こちらも副作用があり使用できない方もいます。

検査時間はどのくらい?・・・

X線CT検査ではX線を照射している時間は、一つの部位で約10秒程度です。その他に撮影条件の入力や撮影位置合わせなどで5~10分程度で検査は終わりますが、MRI検査では約30分はかかります。両者とも円筒型の機器の中に入ることは一緒です。
しかし、MRI装置は奥行きが長く、成人男性がすっぽり入ってしまい、閉所恐怖症の方はパニックを起こすことがありますが、X線CT装置では奥行きが短く検時間も短いためパニックを起こすことは少ないです。

誰でも受けられるの?・・・

MRI検査では1.5T(テスラ)という強力な磁場の中に入るため、金属を身につけていると検査ができません。そのため、心臓ペースメーカや脳動脈クリップなど体内に金属がある方は検査ができません。同様に化粧や入れ墨などの成分に金属が使われていることがあるので、検査時には化粧は落として頂きます。入れ墨のある方は検査ができませんが、X線CT検査はそのような制限はありません。

しかし、放射線による被ばくがあります。X線CT検査を受けたからといって、不妊、脱毛、白内障といった障害がでるほどの被ばく量ではありませんが、ガン化へのリスクに関しては、「どのくらい被ばくしたらガンになる」という明確な数値がありません。被ばく量が増えればガン化リスクは高くなりますが、量を減らしてもリスクが0になることではなく、少量でもガンになることもありますが、多量でもガンにならないこともあるのです(確率論)。
ただし、X線は放射線の中でも人体に対する影響が最も少ない放射線なのでガンになることはほとんどないと言えます。また、人間は再生能力があり、傷が治るのと一緒で被ばく損傷も治ります。このことを応用したのが、ガンに対する放射線治療です。

私たち放射線技師は、常日頃から患者様の被ばくを少なくするよう努力していますので、安心して検査を受けてください。

組合員の皆さまへ

医療生協さいたまは地域のみなさまの健康を守るため、誰もが平等に検査や治療を受けられる社会を目指しています。しかし、放射線科の機器は医療機器の中でも群を抜いて高額です。組合員様の出資金が医療生協さいたまの医療レベル向上に繋がります。医療生協さいたまのさらなる発展と医療レベル向上のため、増資へのご協力をお願い致します。